夫婦

言わずと知れた水素水|健康を維持する最新の栄養素

糖尿病リスクを知るには

親子

長期的な状態を知る指標

糖尿病の発症リスクを知るための指標としておなじみなのが、血糖値です。血糖値とは血液中のブドウ糖の量を示す数値で、この値が高い状態が続くと血管が傷つきやすくなり、身体のさまざまな部分に悪い影響を及ぼします。ただ注意が必要なのは、血糖値は非常に不安定な数値だということです。空腹時と満腹時では値が大きく変化することがありますし、ストレスなどによっても上昇することが分かっています。そこで、最近ではこれに加えてもう1つ、ヘモグロビンa1cと呼ばれる指標も重要視されるようになっています。血糖値がその時その時の短期的な血液の状態をあらわすのに対し、ヘモグロビンa1cは比較的長期の状態を示すという特徴を持っています。

医師の指示に基づく対策を

ヘモグロビンは、体内に酸素を運ぶ役目を担っている赤血球の中のタンパク質です。この物質には血液中に余分な糖があるとこれと結びつき、細胞としての寿命が来るまで二度と離れないという性質があります。ヘモグロビンの寿命はおおむね4か月前後なので、その半分の2か月程度はヘモグロビンa1cの値に大きな変化はありません。したがって長期的な状態を確認するのに役立つというわけです。健康診断などでヘモグロビンa1cの値が高いと言われた時は、まずは専門医の診断を仰ぐことが重要です。早期の治療開始は糖尿病リスクを減少させることにつながりますし、本格的な治療が必要ない場合でも生活上の指導や食事指導などを受けることができます。また、最近ではヘモグロビンa1cの値を低下させることに特化した特定保健用食品なども出回っており、一定の効果が期待できるとして人気を呼んでいます。